東京ほど稼げない?埼玉のタクシー運転手の実態

最高クラスは月収70万円

埼玉県は、都心から近く大きな企業や施設が多いことからも、タクシー運転手として需要のあるところです。それでは埼玉県ではタクシー運転手としてどの位稼ぐことができるのでしょうか。私は入社後数か月で月収50万円稼いでおり、同僚の中で最も稼いでいる方は、月収70万円を超えていました。

埼玉県で、子供のいてある程度稼ぐ必要がある方でタクシーの運転手が向いているのか、迷っている方多いのではないでしょうか。埼玉県でどれくらい稼げるか、ご紹介します。

タクシー運転手は歩合制

タクシー運転手は、法人であっても歩合制であるため、場所の問題もありますが稼げるかどうかは、各運転手次第です。完全歩合ではないのですが、例えば埼玉県のタクシー会社であれば、売り上げの50%前後が給料となることが多いのです。

そのため、自分次第で稼ぎを増やすチャンスがあるのです。また稼ぎを増やすためには、特別な技能や体力が必要なわけではありません。

タクシー運転手が稼ぐための工夫

まずは道を覚える

さいたま新都心

タクシー運転手で稼ぐためには、決まった時間でできるだけ多くのお客様を乗せる必要があります。ここでは私が工夫をしたことをご紹介します。

私がまず工夫をしたのは、できるだけ全ての道を覚えるということです。埼玉は南北に走っている国道は多いのですが、東西に走っている国道は多くありません。

そのため、東西に走っている国道は、いつでも混む傾向にあります。そのため、この東西に走る国道が渋滞をしていた時、どのような抜け道があるのかを研究していました。

長距離のお客様を乗せる

タクシー運転手が一番効率よく稼ぐことができるのは、特に23時を超えた夜間に

長距離のお客様を乗せることだと、上司や先輩に言われ続けました。そのため、大宮やさいたま新都心、所沢など大きな企業がある地域で、夜仕事が終わる時間あたりからは、常に営業をするようにしていました。

埼玉は国道だけでなく、電車も東西に走っている電車は多くありません。そのため帰る場所によっては、タクシーを使った方が早い場合があるのです。

さらに終電が終わった時間であれば、都内までタクシーを利用される方もいらっしゃいます。

タクシー運転手にとっての埼玉の特徴

外国人観光客が多い

それでは、タクシー運転手にとって埼玉はどのような場所なのでしょうか。埼玉のメリットをご紹介します。

埼玉は川越など外国人観光客が大勢いらっしゃいます。しかし言葉の通じない人々にとって、電車の切符を買うのも、正しい目的地まで行くのも容易ではありません。そのためタクシーを使って、観光地を周る方もいらっしゃいます。

英語が得意な方であれば、すぐに稼ぐことができるチャンスがありますし、できない方であってもある程度のジェスチャーなどでお連れすることができるでしょう。これには英語力だけでなく、外国人が好む場所をリサーチしておく必要があります。

工場が多い

都内に本社があるメーカーは、埼玉に工場を持つ傾向があります。また大きな工業団地がいくつもあります。就業時間帯には、駅までバスがでていることが多いのですが残業などで遅くなった時など、バスがないこともあります。

また工場のクライアントが、工場を訪問することがあれば、工場見学をしにきた人も大勢いるのです。そこで工業団地を周ることで、お客様が見つかる可能性が高いのです。

比較的埼玉の大きな工業団地は、駅から離れた場所にあります。また市営のバスが走っていることがあるのですが、本数が少なかったり、終バスが早かったりなど十分にタクシーを利用してもらえるチャンスがあるのです。

埼玉県に工場がある企業事例

  • ホンダ埼玉製作所(狭山市など)
  • ロッテ浦和工場(さいたま市)
  • グリコ(北本市)
  • ジャパンビバレッジ(さいたま市)
  • 明治(坂戸市)
  • 東洋ライス埼玉工場(坂戸市)

東西を走る電車が少ない

真ん中のJRを挟んで、東側に東武、西側に西武が走るのですがいずれも東西に走っていて、南北に走る電車が武蔵野線位しかないのです。

そのため、東西を移動するには電車のアクセスが悪く、タクシーを利用される方が多いのです。

また唯一の東西を走る武蔵野線も、強風などで止まりやすい電車でありタクシーの需要は高いのです。そのため、電車の遅延情報は常に把握しておく必要があります。強風でも止まる路線が多いため、どこかで遅延をしている可能性が高いのです。

埼玉でタクシー運転手として稼げる給料

タクシーの運転手の給料は歩合によるところが多いので、個人個人また月によっても大きく異なってくるので一概にはいえません。またタクシー会社によって、歩合率も多少異なります。

これらの条件を考慮したとしても、月収55万~70万といった運転手が大勢いらっしゃいます。しかし運転手によっては、50万円を下回ることがあります。この差はほとんど終電が終わってからの数時間の稼ぎ方によって、大きく異なってきます。

同じ駅で待っているタクシー同士でも、行先やどの道を使うか、長距離のお客様にあたるかによっても給料が異なってくるのです。

タクシー運転手の給料は、歩合によって変わってきます。そのためその土地で給料をあげるためには、どれだけお客様を増やすことができる工夫をする機会があるかどうかによって異なります。

埼玉でも場所によって異なりますが、都内と隣接するエリアが多く、またさいたま市や所沢市など大手企業が集まる場所もあります。さらに工業団地が多く、川越など観光地も多いため多くのお客様を見つけるチャンスは十分にあるのです。

終電、終バスが都内より早い

また場所によっては、電車のアクセスが悪いケースもあるので、そういった場合はタクシーを使う可能性が高くなるのです。終バスが早めの設定の場所もあり、終バスのあと、終電のあとと1日に2回大きな稼ぐチャンスが生まれることもあります。

埼玉県は埼玉県の稼ぎ方がある

転職をお考えなら通勤時間も考えて会社を選ぼう

以上のように、家族を養わないといけない方でも、埼玉県でタクシー運転手として十分に稼いで行けるチャンスがあります。都内のタクシー会社の方が歩合は大きく、お客様を見つけるチャンスがあるとお考えの方もいらっしゃるでしょうが、通勤時間を考えると埼玉の方が利点がある場合があります。

タクシー運転手の場合は、1日の業務時間が長いため、できれば通勤時間をあまりかけたくないものです。また埼玉県を走っているタクシー会社は多いため、歩合率などを比べて比較をしてみるとよいでしょう。


<広告・PR>
KUMA
40歳でタクシー会社に転職、これまでの営業経験や接客経験を活かし、入社4か月目から半年以上月収50万円以上稼ぐこともありました。現在ではタクシー会社での経験を活かし他業種として独立しています。