現在、新たな就職先としてタクシー運転手の人気が高まっています。
タクシー運転手には、「収入が低い」「ブラック企業」など、ネガティブなイメージを持っている方もいるかもしれませんが、決してそうではありません。

特に大阪は、優良タクシー会社も多く、タクシー需要も高い街。
タクシー運転手にとって大きな可能性を秘めています。
この記事では、「大阪でタクシー運転手になる前に知っておくべきこと」と、「大阪でのタクシー運転手への転職が人気の理由」をご紹介します。

大阪でタクシー転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

大阪で大手のタクシー会社7選

タクシー会社

大阪には優良なタクシー会社がいくつもあります。
その中でも大手として有名なタクシー会社を7つご紹介します。

  • 梅田交通
  • 未来都
  • 日本交通
  • 相互タクシー
  • 国際興業
  • 東京・日本交通
  • 第一交通

1)梅田交通

「梅田交通」は、昭和24年創業の老舗のタクシー会社。
従業員はおよそ6000名と、全国でもトップクラスの大きさです。
従業員を大切にすることをモットーに、充実した研修制度や、自由にカスタマイズできる営業スタイルなど、長く働きやすい環境が整っています
また、それぞれの会社の規模は小さめで、アットホームな雰囲気であたたかく、相談などが気軽にできるのも嬉しいポイントです。
未経験者にも手厚いフォローで、しっかりサポートしてくれます。

2)未来都

「未来都」は、60年続く大手のタクシー会社です。
ウーバー・テクノロジーズと提携を結んでおり、1人月100件もの配車依頼があります。そのため、未経験者でも無理なくしっかり稼ぐことができます。
また、社員思いの社風で、3年以上続ける人は90%以上。
「めっちゃええやんタクシープロジェクト」というイベントも開催しており、車内をお化け屋敷風に装飾した「霊感タクシー」は、新聞やSNSでも話題になりました。
イベント企画も楽しみながら仕事がしたい人にはぴったりです。

3)日本交通

大正15年創業の「日本交通」。
長い歴史を持ち、顧客からの信頼が厚い会社です。大手法人との契約件数も業界トップクラスを誇ります。
日本交通では、大型二種取得支援制度があるため、タクシー業務だけでなくバスや企業専属のドライバーになることもでき、さらなる収入アップ・安定を目指すことが可能です。
また、防犯体制も整っており、オフィス街での営業も多いため、女性でも安心して働くことができます

4)相互タクシー

昭和6年、大阪市港区に創立された「相互タクシー」。
未経験の人を積極的に採用しており、90%以上が未経験者から始めています。専任スタッフがしっかりサポート・教育してくれるので安心です。
相互タクシーでは、アプリでの配車サービスを導入しており、9割以上が予約営業のため、一定の仕事量を確保できます
また、相互タクシーは、国土交通省認定の女性ドライバー応援企業です。
さまざまな育児支援制度が整っているため、女性ドライバーが多く活躍しているのも特徴です。

5)国際興業

「国際興業」は、「夢×現状打破×プラス思考」を理念とし、質の高いおもてなしで国際興業ならではの新しい価値を生み出しています
「GO」「全国タクシー」「エスコートタクシー」など様々なアプリを導入しているため、高い乗車率で安定した売り上げの確保が可能です。
1日5時間週2日~働くことができ、陣痛タクシー・キッズタクシー等もあるので女性でも安心して働くことができる環境が整っています。

6)東京・日本交通

日本交通グループに属する「東京・日本交通」。
業界売上高NO.1を誇り、大手企業や有名百貨店、ホテルなどからも高い支持を得ています。
東京・日本交通では、すべてのドライバーが、高品質なサービス・ホスピタリティーを提供できるよう教育を徹底
また、「なにわなんでも大阪検定」「京都検定」などにも会社全体で取り組み、タクシー運転手としてのスキル向上にも努めています。
このほか、「救急救命(AED)講習」「ユニバーサルドライバー講習」「認知症サポーター研修」など、安全のためのサービスも怠りません。

7)第一交通

全国34都道府県に展開している「第一交通」。
営業区域外でも配車を可能にするため、他の会社と業務提携を行っており、47都道府県どこでも配車を可能にしているのが大きな特徴です。
第一交通では、AIを駆使した新たな次世代配車アプリの使用や小さな子供やママをサポートするための専用タクシーなど、多彩な営業メニューを揃えており、個人のニーズに合った働き方ができます。
また、無線配車と待機場所が複数あるため、効率よく仕事できるのも第一交通ならではの嬉しいメリットです。

大阪のタクシー運転手の特長や年収とは

考える女性

日本全国でタクシー運転手の仕事はありますが、中でも大阪のタクシー運転手は稼ぎやすいといわれています。
ではなぜそのように言われているのか、大阪のタクシー運転手の特長と、気になる年収についてご紹介します。

  • 大阪は人口が多くタクシーの需要が多い
  • 有名な観光スポットが多い
  • まだまだ発展途中の街
  • 大阪のタクシー運転手の平均年収

大阪は人口が多くタクシーの需要が多い

大阪は、東京・神奈川に次いで多くの人々が居住する街ですが、面積はさほど広くはありません。
つまり、人口密度が高いため乗客を確保しやすく、タクシー運転手にとっては働きやすい環境です。また、大阪の経済規模は大きく、ベットタウンがたくさんあります。
そのため、仕事などで長距離移動する人が多く、タクシーの需要は非常に大きなものとなっています。

有名な観光スポットが多い

大阪には、大阪城や万博記念公園、通天閣など、有名な観光スポットがたくさんあり、国内外から多くの観光客が訪れます。
観光客のなかには、タクシーを利用して移動するひとも多いため、観光スポットがたくさんある大阪でのタクシーの需要はさらに高まり、タクシー運転手にとって稼ぎやすい環境になっています。
                                        

まだまだ発展途中の街

大阪は、日本の中でもトップクラスの成長都市です。
特に近年は、インバウンド需要のおかげで、ホテル稼働率やオフィス稼働率など、さまざまな面で発展し続けています。
また、2025年に開催される『日本国際博覧会』では、国内外から大阪に多くの観光客を迎え入れることになるため、インバウンド需要はますます拡大し、大阪はこれからどんどん発展していくことが期待されます。
タクシー業は、社会経済の影響を受けやすい職業です。
大阪の経済が発展するに伴って、タクシーの需要はますます増えるでしょう。

大阪のタクシー運転手の平均年収

「タクシー運転者の賃金・労働時間の現況(平成29年)」によると、大阪のタクシー運転手の平均年収は約346万円です。
一方で、全国平均は約333万円、一番高い東京では約419万円。
大阪のタクシー運転手の平均年収は、全国平均と比べれば約13万円高いのですが、東京都と比較すると約73万円も低いことが分かります。
東京と大阪でこのような大きな差がある理由は、大阪のタクシー運転手の平均年齢が60歳と高いからです。
大阪では、定年退職後にタクシー運転手として再就職する人が多く、ある程度の金額を稼いでしまうと、年金の受給額が減ってしまうのです。
つまり、年金のことを考慮して収入をセーブしているため、年収平均額が東京よりも低くなると考えられます。
決して大阪のタクシー運転手は稼げないということではありません。
働き方次第では高収入を目指すことは十分可能です。

タクシー運転手の給与形態について

お金

タクシー運転手の主な給与形態は「固定給+歩合給」と「完全歩合給」の2パターンあり、会社によって異なります。
それぞれどのような特徴があるのか理解しておきましょう。

固定給+歩合給

ほとんどの会社でとっている給与形態は「固定給+歩合給」です。
この給与形態は、会社から必ず支払われる「固定給」に、個人の営業成績によって変動する「歩合給」を加算していくシステムです。
固定給の割合によって歩合給の増え方が変動します。
固定給が高いほど歩合給の増え方は小さくなり、固定給が低いほど歩合給の増え方は大きくなります。
つまり、固定給が高ければ、毎月一定の収入が得られるため安心ですが、自分の営業成績は反映されづらくなります。
また、固定給が低いほど毎月の給与は安定しづらくなりますが、自分の営業成績が大きく反映されるため、仕事を頑張るほど給与を増やすことができます。

完全歩合給

「完全歩合給」は文字通り、固定給がなく、歩合給のみ支払われる給与形態です。つまり、個人の売り上げの中から税金等を差し引いた額がすべて支給されます。
固定給がある給与形態よりも、仕事を頑張るほど給与が上がるので、より稼ぎやすいシステムになっています。
ただし、タクシー業は社会の景気に左右されやすく、景気が悪化するとタクシーの利用客は減ってしまいます。
また、その日の運次第ではなかなか乗客が見つからないことも。
そのような集客の変動リスクに対して、固定給がある会社ではある程度の給与が保証されていますが、完全歩合給では、最悪給与が得られないということも考えられます
完全歩合給は稼ぎやすい給与形態ではありますが、その反面、まったく稼げないこともあるというデメリットも理解しておくことが大切です。

未経験者でも失敗しない転職方法とは?

転職には誰もが失敗したくないもの。
特に、未経験者からタクシー運転手に転職するのは、知らないことが多く不安もあるのではないでしょうか。
そんな方には「P-CHAN TAXI(ピーチャンタクシー)」の利用がおすすめです。P-CHAN TAXIは、タクシー運転手に特化した転職支援サービス。
無料でタクシー運転手への転職をサポートしてもらうことができます。
それではP-CHAN TAXの5つの特長をご紹介します。

P-CHAN TAXIの特長①:厳選された会社のみを紹介

日本にあるタクシー会社の数は500社以上。
P-CHAN TAXIでは、その500社の中から、研修制度や福利厚生、勤務形態など、個人の要望に合った求人を探してくれます。
また、年収600万円以上を稼ぐことが可能な会社を厳選して紹介しているので、しっかりと稼ぎたい人にはピッタリのサービスです。

P-CHAN TAXIの特長②:退職者ゼロの実績

P-CHAN TAXIでタクシー運転手に転職した人のうち、退職者の数はなんとゼロ(定年退職者を除く)。
その理由は、個々のニーズにぴったりな職場を紹介してくれるからです。
個々の要望をしっかりとヒアリングし、性格に合ったタクシー会社を探してくれるので、入職してから長く働くことができます。

P-CHAN TAXIの特長③:未経験者に特化した条件あり

未経験でタクシー運転手に転職するのは、何かと不安に感じることも多いでしょう。
P-CHAN TAXIではそんな方でも安心して働くことができるよう、研修制度が充実し、かつ研修期間でも月給保障がある会社を紹介してくれます。
また、60歳以上の方でも就職できる会社の紹介も可能です。
このようにP-CHAN TAXIは誰でも安心して転職できる、未経験者に優しいサービスです。

P-CHAN TAXIの特長④:100%の書類選考通過率

P-CHAN TAXIでの転職では、タクシー業界に精通した厚生労働省認可コンサルタントが転職をサポートしてくれます。
そのため、応募書類の選考通過率はなんと100%。
タクシー未経験者でも採用されやすく、非常に転職しやすい環境が整っています。

P-CHAN TAXIの特長⑤:二種免許取得費用を全額負担!

未経験者の場合、ほとんどの人は二種免許を持っていません。
しかし、タクシー運転手になるには、2種免許を持っていることが必須条件です。
そこで、P-CHAN TAXIでは、二種免許を取得するために、各会社で費用を負担してもらう制度がとられています。
つまり、P-CHAN TAXI利用者は二種免許取得の費用を支払う必要はありません。
ちなみに、オートマ限定免許しか持っていない人や、ペーパードライバーの方でも2種免許取得のサポートが受けられます。

まとめ

お金

大阪では、これからますますタクシーの需要が高まることが予想されます。
今、大阪でタクシー転職をして、今後のタクシー需要に向けて腕を磨き、しっかり稼ぐチャンスをつかみましょう
ただし、タクシー転職をする際には、優良なタクシー会社を選ぶことが大切です。
自分が希望する条件と求人をマッチングしてくれるP-CHAN TAXIなら、満足のいく転職が叶うでしょう
大阪でタクシー転職を考えている方は、P-CHAN TAXIを利用してみてはいかがでしょうか。




<広告・PR>