1. 国際自動車グループの紹介と仕組みについて

国際自動車のHPより。

東京四社の行灯で、最もシンプルなデザインと言われる国際自動車。アルファベットの「km」に文字で解ってしまうところが凄いですね。

(ただ逆立ちすると、某ブラック企業タクシーになってしまうが(笑))

ところで皆さんは、この国際自動車(以下kmと略)と言う会社が… 日本のタクシーの元祖であることを知っていましたか?

今から百年以上前の1920(大正9)年、東京の内幸町で11両の車両を使い、ハイヤー事業を始めたのがkmの始まり。つまり来年は、創業100周年を迎えます(パチパチパチ…)

その後のkmタクシーの発展はHPでどうぞ

現在kmは本体(タクシー&ハイヤー事業)・グループ各社を含め4,538両を所有。本体事業所(台東・三鷹・吉祥寺・羽田・板橋・東雲・世田谷・中落合・横浜)と関連子会社&業務提携会社20社で構成されています。

2. 国際自動車の乗務員・求人動向について

ところで、kmの求人動向ですが、形態は日本交通グループなど東京四社傘下の本体・提携会社は、ほぼ同じだと言われています。

km本体の事業所へ就職を希望する場合、kmのリクルート窓口に申し込んで予備面接を受けます。予備面接は、東京・八重洲のビルにあるkmの施設で行われます。ここで乗務員として適性があると判断された方は、各事業所での二次面接&東雲の健保センターの健康診断を経て、採用される仕組みになっているそうです。

さて…八重洲の施設で行われる「予備面接」とは、一体どの様なものでしょうか?

実は、以前私の会社で勤めていて、その後km本体へ転職した方が居たので、ズバリ聞いてみました!

Q.予備面接って、どんな事やるのですか?

A.履歴書・職務経歴書を提出の後、B4一枚の紙を渡されて

  • 自身の家族構成と連絡先(実家がある場合はそこも)
  • 勤務可能な事業所の記入(正直kmは電車では通勤しにくい)
  • 希望勤務体系(日勤・夜勤・隔日と3パターンで選べます)
  • 個人身上(既往病歴・支持政党・過去に労組運動アリの有無等)

こんなことが聞かれるよ。

Q.へぇ~支持政党何て聞かるとは、さすがはガチ右翼系のkmですね。予備面接の目的って…もしかして。

A.そう、間違ってもこの「支持政党」で、日本共産党とか立憲民主党なんて書いたら、即アウトだからね。それと、労組やっていた人間は面が割れているし、グループでもkmは難しいかな。

とまぁ~こんな具合なのです。

昔から超保守系の会社で知られるkmは、政財界とべったりと言う点が見られ(その代わり、某〇〇党関係のハイヤー手配は、100%kmが独占)「食いっぱぐれる心配がない」反面「上から物見でしか出来ない人たちの集まり」なのかもしれません。

3.ここだけの話!「国際自動車グループって、どうよ?」

かなりの体育会系って噂は本当なの?

ブログにあった新卒八ヶ岳研修の写真

さて、もうkm現役の方のインタビューが飛び出して盛り上がって来ていますが、さらに続けて「kmで、どう?」とぶっちゃけトークしてもらいましょう!

Q.日交グループ社からkm本体に移られての感想は?

A.まだ一年ちょっとだから、印象はそんなにないかな。まぁ稼げているのは、稼げているけどね。

Q.今一日の売上は、どのくらいですか?

A.大体65(千円・税別)かなぁ。給料は、日交時代と変わらない。

Q.じゃぁ何でkmに移籍されたのですか?

A.組合と揉めてねぇ。あんま詳しいこと言うと、誰が見てるか解らんから「機密保護法」扱いで「黒塗り」にしておくね(笑)。

Q.km社内の様子は如何ですか?

A.設備が古い。健保センターと一緒の東雲(営)と、建替えられた羽田(営)を除いては「おんぼろ!」。

風呂も故障しているケースが多いし、仮眠室何てオヤジ臭が染みついているから。間違っても寝て行こう何ておもいましぇ~ん。

Q.kmには、毎年大学新卒を200人近く採用していますけど、定着率ってどうか聞いたことありますか?

A.タクシー本体だけで、一年後大体4割は辞める三年後に残るのは2割居るかな?日交も同じ様にノルマ厳しいから、出来ない奴は自然淘汰されるんだよね。

特に、新卒は将来の幹部候補生だから、評価が厳しいって。俺らの様なお気楽極楽タクドラとは訳が違うみたいで、毎朝ミーティングさせられ売り上げ目標云々など詰問されているみたいだよ。

新卒だけの合宿研修もいろいろあるみたい。入社式をテレビ番組「ガイアの夜明け」で取材され、かなり新卒採用には力を入れているみたいだけど。企業の帰属意識を高めるためらしいけれど、やることがやや古い。

Qひえ~っ、まるで「〇Kタクシー」みたいじゃないですか(驚)。

A.だから、逆立ちしたら「km」なんだよ(大爆)。

国際自動車グループのまとめ

創業100年の老舗企業、同時に社風も設備もやや昭和っぽい

如何でしたか?国際自動車グループのタクシー運営や、乗務員採用の事。更には、km本体やグループ社を巡るウワサまで色々お解り頂けたと思います。少しでも、皆さんに国際自動車グループの姿を知って頂ければ幸いです。

\未経験からタクシー運転手への転職を成功させるなら、P-CHAN TAXI に無料相談/

P-CHAN_banner

<広告・PR>
堀瑞 勤
今年6年目の乗務員生活を謳歌している現役タクシードライバー。1967(昭和42)年生まれ。2013(平成25)年日本交通系タクシー会社のドライバーとなる。黒タク資格&スリースター(最上級乗務員)資格所有。