二種免許ってご存知ですか?

二種免許取得は会社が支援してくれる場合が多い

求人、転職

タクシーやハイヤーなどの旅客自動車を運転するためには二種免許が必要になります。旅客自動車とは、他人の需要に応じて自動車を使用して「有償で旅客を運送」する事業の事で、道路運送法の適用を受けます。

タクシー運転手が、「お金を貰ってお客様を目的地まで送る」ために必要な免許です。

通常はタクシー会社に入社してから、会社が契約している指定自動車教習所に通い、実技試験と学科試験を受験して二種免許を取得します。取得費用は全額会社が負担しますが、どの会社でも「縛り」があるため、その会社を1〜2年以内に退職した場合、日割で教習費用を返納しなければなりません。

二種免許の取得資格は、年齢が満21歳以上で、一種免許の経歴(免許停止期間を除く)が通算3年以上であれば、誰でも受けられます。例えば、新卒の新入社員でも、在学時代に一種免許を取得しておけば、ペーパードライバーであっても二種免許を取得する事が出来ます。

また、二種免許は個人的に取得する事も可能です。独自で学習・練習して免許試験場において「一発受験」する方法です。しかし、合格率は10%程度なので、これはお勧め出来ません。

二種免許を取得するプロセスとは?

まず教習所には、10日前後、直行直帰でほぼ半日、朝から晩まで通う事になります。

やる事は2つで、学科教習と実技教習です。

学科教習は問題用紙を渡され、とにかく解きまくり頭の中に叩き込みます。紛らわしい文章が多いので、慣れるしかありません。

実技教習は所内と、路上に分けてやります。所内ではS字やクランク、縦列駐車などを何度も繰り返して、運転実技を試されます。そして路上に出てからは、安全確認が出来ているか、発進・停車の仕方に問題はないかなど、公道を走るための基本的な能力を確かめられます。

教官は概ね、優しい方が多いです。一昔前の鬼教官的な方はいません。

ただ、基本に忠実でない時は、丁寧ですが厳しく注意されます。プロのタクシー運転手を育成する訳ですから当たり前ですね。

そして教習所での卒業検定(実技検定)に合格した後、免許試験場で学科試験を受けて合格すれば、二種免許の取得となります。本来ならば、試験場で実技試験も受けなければなりませんが、指定自動車教習所を卒業すれば実技免除になります。

しかし、二種免許の学科試験の合格率は、統計によると36.0%(警視庁運転免許統計2014年度、ちなみに一種免許の合格率は69.6%)となっています。

私の記憶に間違いがなければ、私と同じ日に受験した人数が25人位で、合格したのが私を含めて3〜4人だったと思います。結構、難しいものです。

タクシー運転手を目指して二種免許を取ろうという人は、ほとんどが私のように中高年の転職組が多いので、いまさら暗記問題というのは、辛いものがあります。合格するまで頑張るしかありません。

無事、難関を突破して晴れて二種免許を手に入れました。「さぁ!これでタクシー運転手として仕事が出来るぞ!」と思ったら、大間違いです。

タクシー運転手を目指す者の前には、更なる難関が立ちはだかっているのです。

二種免許より怖い?地理試験

タクシー運転手にとって二種免許と同じくらい大事なものに、運転者証(乗務員証)があります。

大都市のタクシー運転手は登録が必要で、登録した者に運転者証が交付されます。タクシーで営業する場合は、お客様が見やすい場所に掲示することが義務付けられています。運転席の左側にある顔写真や名前などが入ったプレートの事ですね。

この運転者証を手に入れるためには、地理試験に合格しなければなりません。

地理試験とは、国土交通省認可の国家資格で、国土交通省から委託を受けた東京タクシーセンターが実施する「輸送の安全及び利用者の利便の確保に関する試験」の事を言います。

東京23区、武蔵野市及び三鷹市でタクシー運転手になるには、この試験に合格することが義務付けられています。

他には大阪府や神奈川県などの大都市にも、この制度が適用されています。

法令と地理があり、特に地理は難易度が相当高いです。詳細は省きますが、主要幹線道路や交差点、高速道路の出入口、著名な建造物など、タクシー運転手として知っておかなければならない、であろうことが網羅されています。マークシート方式で40問中、32問正解(正答率80%)で合格です。

タクシーセンターの発表では、合格率は50%になっています。

会社の研修所にも専任のコーチがいて、「東京大神宮、目白通り、飯田橋の駅」と、呪文のように何度も叩き込まれました。

一発合格は至難の技で、2〜3回受けて、やっと合格できるかどうかの世界です。二種免許の筆記試験どころの話ではありません。

二種免許は運転のプロの証し?

以上、見てきたようにタクシー運転手になるのは、意外に大変な作業です。

しかし、タクシー運転手が「人の生命と財産を預かる者」としては、当たり前のことだと言えるでしょう。

タクシー運転手には、プロとしての自覚、プロとしての運転技量が求められます。そして、その証しが二種免許です。

が、私も含めて、すべてのタクシー運転手がそのような高度な意識・使命感を持って、日々タクシーを運転しているのかと問われれば、「う〜ん?」と答えるしかありません。私の営業所でも毎日のように、違反や事故の報告があります。

月イチの研修会で見るドライブレコーダーの「生事故」の映像も、結構衝撃的なものが多々あります。

誰も事故を起こしたくて運転している訳ではありません。しかし、タクシー運転手は二種免許を持つ者として、安全かつ正確な運転が求められていると思います。

蛇足を少々。二種免許とは直接関係がありませんが、タクシー運転手は普通救命講習を全員が受講し、心肺蘇生のやり方やAED(自動体外式除細動器)の使い方なども覚えます。

タクシーはただ運転するだけではない

簡単に取得できない免許が必要な仕事

タクシー運転手は側から見ると、A地点からB地点へお客様を乗せて、ただ移動しているだけにしか見えないでしょう。

しかし、タクシー運転手になる為には、様々な事をクリアしていかなければならない、という事がご理解頂けたでしょうか?



<広告・PR>
東京都在住 60歳 タクシー運転手。既婚 子一人。 務めた会社が倒産した経験を2度する。様々な職種を経て、パチンコの店長からタクシー運転手へ。モットーは無事カエル。性格は面倒くさがり屋。趣味は読書とお酒、寝ること