40歳、今いる会社に将来性がないと分かった

子どもがいるしできるだけ早く正社員で転職したい

私が長年勤めていた会社は、私が40歳の時に突然業績悪化により大量の人員削除となりました。私はその会社に将来性がないと考え、転職を決意したのですが、子供もいるためできるだけ早く正社員になる道を探していました。

そこで見つけたのが、タクシーの運転手です。40代でも正社員になることができ、休みが変則勤務のため多く、子供の学校の行事などにも参加できる点、また運転が好きで苦にならない事でも、タクシーの運転手は向いているのではないかと考えたのです。

40代、50代で突然務めている会社の都合で退職になって、困っている方多いのではないでしょうか。タクシー運転手は40代、50代でも正社員になることができ、第二種運転免許を持っていれば誰でも応募が可能です。またタクシー会社によっては、第二種運転免許を持っていない方に、合宿制度を設けている会社もあるようです。

タクシーへの転職を決めた4つの理由

自分の接客業経験が活かせると思った

転職をする時には、これまでの経験を活かすことが大切です。私がタクシー運転手に転職した時は以下の経験が活きました。

また学生時代にバスガイドの仕事をするなど、いくつか接客業をしており、就職してからも長年営業をしており、人と接する仕事がしたかった点もタクシーの運転手を志望した大きな要因です。

タクシーはお客様と狭い空間で一緒にいるため、接客態度が大切になってきます。ちょっとした話し方ひとつで、感じ方は大きく変わってくるのです。そうでなくても、態度の悪いタクシーは多くあり、SNSなどでもよく書かれています。

逆にいえば、きちんとした接客をしていると、お客が集まってくるということを実感しました。

前職が歩合の割合が大きい営業職だった

長年営業をしていて、歩合の部分が大きい会社に勤めていました。できれば自分が頑張った分は、給与として帰ってくる仕事を探していたので、タクシー会社は私にぴったりでした。特別な技術が必要ではなく、以下の内容で特に工夫をしていました。

道路を全て覚える

幹線道路が混んでいる時など、どのように対処するかで集客が変わってくるし、時間に無駄がなくなります。もともと営業車で何度も周っていた場所なので、かなり詳しい方でしたらさらに行った事がない道なども勉強をしました。

行動範囲を広くする

いつも同じ場所でお客様を待っているだけでは、集客へとつながりません。これは営業で学んだことと同じです。フットワークよく、ニーズのある所に移動することが、営業でもタクシー運転手でも大事です。

留学経験があり英語を話せた

私はアメリカに長い間留学をしていたので、英語を使うことのできる転職場所を探していました。しかし他の経験が活かせて、タクシー運転手が条件面で良かったので英語を使うことはあきらめていたのですが、幸いにも埼玉には川越をはじめ、外国人が集まる場所が多いのです。

日本語を話せない外国人にとって、正しい目的地に切符を購入して電車やバスで移動するのは簡単ではありません。

そのためタクシーで簡単なツアーをすることで喜ばれました。オリンピックでは、埼玉はラグビーやゴルフなどの会場にもなり、これまで以上に外国人のお客様が増える可能性が高く、英語を話せるドライバーのニーズが高くなる可能性があります。

住み慣れた街が職場になる

埼玉県、浦和

タクシーはどの町でも需要はあり、例えば都内まで2時間かけて通勤する必要はありません。これまで通勤時間にかけていた時間を、自分の時間にすることができるのです。

また普段住んでいる街でないと、道路を覚えるのが容易ではありません。

2015年の40代の転職事情

それでは私がタクシー会社に転職をした、2015年の転職事情をご紹介します。

私が転職した4年前は、一時期のような転職氷河期ではなく40代のミドル人材の求人が増加した年でした。この原因は、一時期に比べて大きく景気が回復したのにも係らず、労働力不足が原因となっていたのです。

また若手人材だけでは足りないため、40代のミドル人材が必要となったのです。しかし実際には、景気が回復しているといっても大手企業のみで、大手企業と中小企業との格差が生まれた時期でもありました。

さらに企業は40代のミドル人材に対して、かなりの高いスキルを求めるため、実際に就職できる人は限られていたのです。

私も何社が応募し、最終面接までいったこともあるのですが採用をいただくことはできませんでした。

タクシー会社の採用事情

大宮駅前

タクシー会社は社会情勢に左右されず、また経験がなくても正規雇用への窓口が広いのです。また都心に多くの会社が集まっているわけではなく、地方採用も他の業種と比べて多いのです。

40代、50代で正社員になる可能性が最も高いといっても過言ではありません。

さらに特別な経験や技術が必要なわけではなく、お客様を乗せて運ぶための「普通自動車第二種運転免許」が必要なだけです。またこの「普通自動車第二種運転免許」を保持していなくても、ほとんどのタクシー会社で一種免許さえ持っていれば、二種の費用は会社で負担をしてくれるのです。

「普通自動車第二種運転免許」を保持するためには、一種免許の取得後3年以上が経過している必要があるのですが、実際にはほとんどの人がこの条件にクリアするのではないでしょうか。

また二種免許は、運転技能試験と学科試験だけで構成されており運転をしている人であれば、決して難しくはありません。

私は「普通自動車第二種運転免許」はすでに前職在籍中に取得しており、タクシー会社で社内研修を終わったらすぐに実際に業務に就くことができました。

40代・50代でもタクシーは正社員になれる

社会保障や福利厚生も整っている会社が多い

以上のように、タクシー運転手は特別な経験や資格がなくても正社員になるチャンスがある職種です。また40代や50代であっても、決して不利になることはありません。さらに自分が努力をすることによって、収入を大きく増やすことができる、40代や50代にとっては特に魅力的な仕事なのです。

40代や50代で突然リストラにあった方もいらっしゃるでしょう。車や家などを手放す結果となった方もいらっしゃるでしょう。しかし決して正社員になることをあきらめる必要はないのです。

また正社員であるため、社会保険や厚生年金などが完備しており、安心して勤めることができるのです。

\未経験からタクシー運転手への転職を成功させるなら、P-CHAN TAXI に無料相談/

P-CHAN_banner

<広告・PR>
KUMA
40歳でタクシー会社に転職、これまでの営業経験や接客経験を活かし、入社4か月目から半年以上月収50万円以上稼ぐこともありました。現在ではタクシー会社での経験を活かし他業種として独立しています。