タクシー運転手は底辺の職業?きついと言われる6つの理由とは

5649

タクシー運転手への転職となると、タクシー運転手はやめとけといった声が聞こえてくることもあるのではないでしょうか。

一般的にタクシー運転手はきつい仕事であるというイメージを持たれていることが多いと思います。「3K」と言う言葉をご存知でしょうか?
「きつい、汚い、危険」な仕事で、誰も進んで就きたくない底辺に位置する職業の代名詞です。

一般的にタクシー運転手は、長時間労働かつ給料が歩合制なので「きつい」、違反や事故が付きまとうので「危険」、ところ構わず路駐するし路上喫煙もするので、見た目が「汚い(だらしない)」というイメージを持たれている人が多いでしょう。

しかし、それはタクシー運転手という職業の実態の表面しか見えていない状態であって、
実際には魅力な点があるのをご存じでしょうか?

そこで今回は、タクシー運転手がマイナスイメージを持たれる理由、またその仕事の実態についてご紹介します。

 タクシー運転手はなぜ底辺の仕事だと言われるのか?

タクシー運転手が底辺の仕事だと言われるのには、いくつかの理由があります。
ここからはその理由を1つずつご紹介します。

  • 誰でもできる仕事だと思われている
  • 長時間労働が当たり前だから
  • 出世がない
  • 常にトラブルと背中合わせ
  • 給料は歩合制で決まるから
  • 接客が大変

101)誰でもできる仕事だと思われている

タクシー運転手になるには第二種免許の取得が必要ですが、逆に言えばそれさえ取得できれば他に必須条件はありません。

特に大変な勉強もなく、誰でもタクシードライバーになれることは事実でしょう。
そして実際、仕事内容は毎日同じことの繰り返しのような業務です。
乗客を安全に目的地まで運ぶことが仕事なので、乗客を乗せる、運ぶ、降ろすの繰り返しとなります。
毎日毎日同じ業務の繰り返しなので単調に感じることもあるでしょう。

そのような仕事内容も含め、タクシー運転手は誰にでもできる仕事だと思われやすい傾向にあるのです。

92)長時間労働が当たり前だから

タクシー運転手には他の業種とは異なる特殊な勤務形態があります。
隔日勤務といって、朝から翌日深夜までほぼ一日近く勤務し、そこから丸一日休む勤務形態です。

この勤務形態によって、
「タクシー運転手はやたらと勤務時間が長い」という印象が持たれやすくなっているのです。

ただ、実際のところタクシー運転手でも長時間勤務ではなく普通の昼勤務を選択することも可能です。
がっつり稼ぎたいと思う人が、隔日勤務を選択し長時間働いているので、タクシー運転手にも働き方に選択肢があるということを知っておきましょう。

83)出世がない

タクシー運転手は一般企業のように役職がありません。
全員が平社員で、何年働いても昇進することはないのです。
仕事に対し、やりがいや出世を求めている人には向いていない仕事だと言えるでしょう。

74)常にトラブルと背中合わせ

タクシー運転手は常に違反や事故、トラブルと背中合わせです。
違反をすれば罰金は自腹ですし、点数が無くなれば免許停止処分で、一定期間仕事が出来なくなります。

収入が無くなることとなり、免許取消にでもなったら、職そのものを失う事になります。
同じ違反でもスピード違反や駐禁は、別格です。

国土交通省の監査対象になり行政処分を受ければ文書警告、自動車の使用停止、事業停止、最悪の場合には許可取消の可能性があります。
これは点数制度になっており、交通違反を含む法令違反の累積点数によって処分の内容が決まります

会社によってはスピード違反や駐禁は即解雇、という厳しいところもあるようです。

事故も、修理程度なら給料から引かれる程度で済みますが、人身事故など重大事故の場合には内容によっては解雇対象になります。
タクシー運転手は隔勤の場合3時間以上の休憩が義務付けられていますが、休憩時間がもったいないからと走り続けて疲労困憊した結果、バイクを跳ね飛ばしたドライバーがいました。
そのようにリスクと常に隣り合わせなタクシー運転手は、十分な注意を払って仕事に取り掛かる必要があるでしょう。

65)給料は歩合制で決まるから

タクシー運転手の給料は歩合制がほとんどです。

どのタクシー会社でも、平均して乗客が支払う乗車賃の5割から6割が運転手の給与となるので、当然、乗客から多くの乗車賃を貰えば貰えるほどタクシー運転手の給料は比例して多くなります
つまり、長時間働いたとしても、乗客からのお金を貰わなければ収入として自分に入ってきません。

なるべく楽したい、乗客を乗せる時間を多く取りたくないと考えている人は、業務を怠けた分もちろん給料は低くなってしまいます。
たくさん稼ぐには相当の努力が必要となってくるでしょう。
歩合制であるためなかなか稼ぎづらいという印象が強いため、マイナスイメージを持たれていると考えられます。

56)接客が大変

タクシーに乗車するお客さんにはもちろん色々な人がいます。
なかには対応に苦労する乗客者もいるのが事実です。
日本語が通じない外国人、大企業の重役、耳の遠い高齢者、土地勘のない観光客、酔っ払いのサラリーマンなど、あらゆる人がタクシーを利用します。
どのようなお客様でも快適に目的地まで運ぶことがタクシー運転手の役目です。

頻繁に話しかけてくる人、コミュニケーションを取るのが難しい人などがいると思いますが、そのすべての人と対等に接客する力が必要でしょう。
それが面倒だという人には、タクシー運転手の仕事は大変かもしれません。
働く中で、「えっ!こんな事がクレームになるの?」と思われるものも多々ありますが、会社は相手側に謝罪して、運転手も重ければ乗務停止処分などのペナルティを受けます。

これがタクシーセンターに実名で苦情が寄せられると大事になります。
これは「センター案件」と言って、会社と当事者のタクシー運転手が弁明にセンターに行かなければなりません。
案件が累積すれば、「優良マーク」を取り消され、銀座辺のおいしい乗場での客待ち営業が出来なくなるのです。

タクシー運転手の魅力とは?

タクシー運転手がきついのは事実です。
しかし、ただきついだけの職業ではありません。
なかには楽しく働き、しっかり儲けている人タクシードライバーもいるのです。

ここまではタクシー運転手のきつい面について説明してきましたが、ここからはタクシー運転手の魅力についてご紹介していきます。

  • 色んな人との出会いがある
  • その土地に詳しくなれる
  • 生活に合わせた働き方ができる
  • 年収600万以上の乗務員もいる

4色んな人との出会いがある

タクシー運転手は、人を乗せて目的まで快適に運ぶことが仕事ですので、もちろん1日に何人もの人と出会います。
この仕事でなければ話すことなどないような人と会話をする機会が多いので、飽きやすい仕事にみえて、毎回違う乗客を乗せることによる刺激があり、変化を楽しめる仕事にあたるのではないでしょうか。
東京でタクシー運転手をする場合は、もしかすると、芸能人を乗せる可能性もあるかもしれません。
人と話すのが好きな人、飽き性の人には向いている仕事です。

3その土地に詳しくなれる

タクシー運転手を長く続けていると、その土地の歴史や地理にかなり詳しくなるでしょう。
新しい建物ができたことにすぐ気づくことができたり、街の変化を楽しめるのがタクシードライバーの仕事です。
業務では日々違う道を走るので、オフィスワークで毎日同じ場所で働いている会社員より、違う景色を楽しみ新鮮な気持ちで仕事に取り掛かれる環境だと言えます。
そのような仕事上の特徴もあって、外に出て働くのが好きな人ルーティンワークが嫌いな人には向いている職業と言われています。

2生活に合わせた働き方ができる

タクシー運転手の勤務時間は、必ずしも毎日時間が決まっている訳ではありません。
ほとんどのタクシー会社では、働き方を選ぶことが可能です。
隔日勤務や日勤、夜勤など、自分のライフスタイルにあった業務形態を選びストレスフリーに稼ぐことができるのです。
毎日同じ時間に出勤し退勤する会社員とは違って、日によって働き方を変えられるのは、タクシー運転手のメリットだと言えるでしょう。

1年収600万以上の乗務員もいる

タクシー運転手の中には、実際に一流企業の部課長並みに稼いでいる人もいます。
ただ、誰でも簡単に高収入を手に入れることができるわけではありません。
人と同じように働くのでは、平均前後の収入にしか届かないでしょう。
人より儲けるためには、自分なりの創意工夫が必要となってきます。

稼ぐタクシー運転手はがよく見る点として挙げられるのが、タクシーに乗りそうな人がどういう行動を取るかです。
人の行動パターンを見極め、効率よく乗客者を増やしていく人が、人よりも多く稼ぐことができます。
そのような工夫次第で給料は変わってくるので、仕事に対してきちんと考察、分析を活かせる点において、タクシー運転手はやりがいのある仕事と言えるのではないでしょうか。

 タクシードライバーの転職先を探すなら P-CHAN TAXI

タクシー会社の数は地方ならまだしも都会ではかなり多いです。
一般人からすれば、どのタクシー会社がどのような特長があるのかといった情報を揃えることはかなり難しいですよね。

そんなときに、あなたのタクシー運転手への転職をサポートしてくれるのが
P-CHAN TAXI(ピーチャンタクシー)です。

P-CHAN TAXIは、未経験タクシードライバー・運転手の無料転職支援サービスです。
特定の審査をクリアした厳選された優良タクシーのみをご紹介してくれます。
あなたの希望条件を聞き出し、あなたに合ったタクシー会社をマッチングしてくれる、
それが P-CHAN TAXI です。

ここからはP-CHAN TAXI が多くの人から選ばれる5つの理由をご紹介します。

 

1)厳選されたタクシー求人

P-CHAN TAXIは、500社以上あるタクシー会社の中で、年収や福利厚生、研修制度などの審査基準をクリアしたタクシー会社のみを紹介しています。
土日休みのタクシー会社や、保証人なしでも働くことができるタクシー会社もあり、お客様もご要望に柔軟に対応してくれます。

2)二種面所取得費用を全額負担

タクシー運転手になるために必ず取得しなければならない「二種免許」にかかる費用はすべて各タクシー会社が負担してくれます。
以外とお金がかかってしまう免許取得の費用を負担してもらえるのはかなりお得です。

3)退職者ゼロの実績あり!

なんとこれまでP-CHAN TAXIでご紹介したお客様のなかで退職された人は一人もいないというデータがあります。
P-CHAN TAXIでは、一人ひとりの性格やご希望に合ったタクシー会社を紹介していますので、いざ働いてみたら自分と合わなかったというミスマッチが発生することはありません。

4)未経験者OKの会社多数

タクシー会社への転職は、未経験からの人が意外と多いです。
そんな未経験の方も活躍できるよう、未経験でも受け入れ可能なタクシー会社をご紹介しております。
安心して長期的に働くための充実した研修制度が整っている会社で月給保証のある求人を紹介してもらうことが可能です。

5)創業50年以上の信頼と実績

P-CHAN TAXIは創業から55年の歴史をもつ人材サービス企業です。
これまでの多くの求職者にご利用いただいている豊富な実績があります。
タクシー業界の精通した手厚いサポートで書類選考通過率はなんと100%を達成しています。
各タクシー会社との人脈がある 厚労省認可コンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれるので、まずは相談してみることをおすすめします。

タクシー会社選びで迷っている方は、ぜひ P-CHAN TAXI に相談してみてください。

 

 まとめ

タクシー

今回は、タクシー運転手の仕事がつらい、きついと言われる理由についてご紹介しました。
なぜタクシー運転手がきついと言われるか、その実態を知っていただけたのではないでしょうか。
そして今回ご紹介した通り、タクシー運転手は確かにきつい面もありますが、
魅力も十分にある職業です。

タクシードライバーとしての転職先をお考えの方は、P-CHAN TAXI に相談することをおすすめします。