タクシー運転手はどんな勤務体系?休みは多いの?

新たな業界に転職する際には、その業界の勤務体系くらいは知っておきたいですよね。とくにタクシー運転手のような特異な勤務体系の世界に飛び込むのなら尚更でしょう。

しかし、タクシー運転手に対してのイメージは人によって驚くほど変わるもの。これには我々現役のドライバーも、いまだに驚かされます。「大変だね、体壊したりしない?」と労わりの言葉をかけられることもあれば「楽そうでいいね」なんて嫌味を言われることも……。

結局のところ、我々タクシー運転手の勤務体系が、一般の人にはほとんど知られていないということなのでしょう。だから「大変そうな勤務」と思う人もいれば「楽そうな勤務」と感じる人もいるというわけ。

しかし、せめて「これからタクシー業界に入って運転手として働きたい」という人には、我々の勤務体系を知っていて欲しいものです。ここでタクシー運転手の勤務体系や休日について詳しく紹介しますので、是非転職の時の参考にしてください。

1.タクシー運転手の勤務形態にはどの位種類があるの?

タクシー会社の乗務員募集ページや社員採用広告には、「祝い金アリ!」とか「未経験者でも年収◯◯万円以上可能!」なんて景気の良い言葉がよく並んでいますが、本当に注目して欲しいのは「隔日勤務」のような業界ならではの言葉。これはタクシー業界ならではの勤務形態の1つでタクシー運転手には主に以下の3つの勤務形態があります。

  • 日勤スタイル
  • 夜勤スタイル
  • 隔日勤務スタイル

の3つが存在します。それぞれの勤務形態を詳しく解説していきますので、最後までお付き合いくださいね。タクシー業界に就職するのなら、基本給や賞与がいくらだとかの話よりも余程重要な話です。それほど、タクシードライバーは一般的なサラリーマン達とは違う形態で日々勤務しています。

日勤スタイル

まずは日勤のタクシードライバーの勤務形態から。

  • 勤務日数:一月で大体22~24日勤務
  • 給与は手取りベースで18~24万が平均

この内、日勤は読んで字の如く「朝営業所を出庫し、夕方営業所に帰る」パターン。要するに日本の一般的な正社員、サラリーマンと同じ時間帯の生活です。休暇も月に6〜8程度なので、他業種からタクシー業界に来た人でも日勤のタクシードライバーならば、すぐに慣れるでしょう。たとえば、一般事務職からの転職でも、日勤のタクシードライバー ならさほど違和感なく働けます。

例えば、朝7時に出庫。タクシー運転手としての営業をしながら途中昼食などで1時間程度休憩。そして、夕方5時30分に帰庫と言うシフトを月曜~土曜までこなし、日曜は全休とするスタイルが一般的です。日勤のタクシー運転手の勤務形態に関してはどの法人に属したとしても大差ないと思います。

<日勤スタイルのメリット>

  • これまでサラリーマン勤めして来た人にとって、勤務形態に抵抗なく勤められる。
  • 家族の介護をしている人や子育てのシングルマザーには、拘束時間が短いため、仕事と介護・子育てが両立しやすい。
  • とくに女性がタクシードライバー をする場合、酔客や変質者に出くわす機会が少ないので、安心して働ける。
  • 残業もほぼなく、夜は確実に休めるので、翌日まで疲れが残らない。

<日勤スタイルのデメリット>

  • 収入が夜勤の約7割&隔日勤務の半分と少ない
  • 営業時間が極端に少ない(帰庫時間の余裕を考え、3時半には帰り始めないとダメ)。
  • 病院通いなど、手の掛かる乗客が多く、効率的な稼ぎ方は期待薄。
  • 大概夜勤スタイルのメンバーと相番を組ませるので、夜勤の相方が居ないとやらせてもらえない。法人によっては日勤社員の求人自体がない可能性も。

夜勤スタイル

続いては、夜勤のタクシードライバー の勤務形態について説明します。

  • 勤務日数:一月で大体22~24日勤務
  • 給与:手取りベースで22~27万が平均

日勤のタクシードライバー が帰ってくると同じタクシーを使用して夜勤のタクシードライバーが営業を行います。よって夜勤のタクシードライバー は日勤のスタイルとは真逆。夕方5時に出庫し、タクシー運転手としての営業しながら途中仮眠などで1時間程度休憩。朝4時に帰庫と言うシフトを月曜~土曜までこなし、日曜は全休とするスタイルが一般的です。

<夜勤スタイルのメリット>

  • 深夜早朝の高額利用客が対象なので、効率よく稼ぎたい人にはおすすめ。
  • タクシー業務とは直接関係ないが、日中に時間が取れるので役所等の手続きがやり易い。
  • タクシーの乗客と顔見知りになるケースが多く、指名で乗って貰えるケースも少なくない。

<夜勤スタイルのデメリット>

  • 酔客&変質者の出現が増えるため、とくに女性タクシードライバーは危険を感じる事が多い。
  • 男女問わず、運転中につり銭強盗や暴行等に遭うケースが高くなる。
  • ドライバー業務に慣れるまで、1日当たりの営業収入が安定しない。
  • 昼夜が逆転するので、体調が安定せず、病気になるケースが非常に高い。

隔日勤務スタイル

最後に、私が今実際勤務をしている隔日勤務スタイルのタクシー運転手についてお話しましょう。法律上の用語では「2暦日」とも呼ばれますが、解り易く言えば「一勤務でサラリーマン2日分の乗務をする」と言う意味です。

事務職のような一般的なサラリーマンは、法律上一日8時間労働が目安ですが、タクシー運転手は公共輸送機関従事者として乗客の輸送に24時間携らなければならないと言う意味合いから、出庫&帰庫の時間をずらしながら、ほぼ一乗務一日従事せねばならないという考えがあります。そこから生まれたのが、隔日勤務という考えです。

実は、タクシー運転手の隔日勤務に関し、国の指針(ガイドライン)が存在します。平成26年8月に厚生労働大臣告示の「自動車運転者の労働時間改善のための基準」なるもので、その中にタクシー運転者に関する労働時間改善のポイントとして、指針が示されています。(この話は、あとの章で詳しくお話します)。

先に私が御紹介したとおり、私の今の勤務シフトは、昼2時30分出庫。営業しながら休憩・食事時間を3時間確保して、タクシーの運転営業をしつつ翌朝9時50分帰庫となっており「遅番(又は後番と呼ぶ会社もある)」と呼ばれます。

これに対して「早番」と呼ばれるケースでは、朝7時出庫。営業しながら休憩・食事時間を3時間確保し、タクシー運転の営業をしつつ夜中2時20分帰庫となります。私の会社では、休憩3時間を含め19時間20分以内の営業と定めており、加えて40分を売上業務(納金)洗車に充て、合計20時間を一勤務の所定労働時間として、陸運局や労働局に申告し、承認を得た上でタクシードライバーに適用しています。

要するに、日勤や夜勤とタクシー運転手と違って、隔日勤務の設定は非常に厳密な運用の元成立っていると言えるでしょう。

一勤務が修了する度、私達ドライバーには「明け休み」が待っています。法律上では、2暦日勤務をしたタクシー運転手には、最低連続20時間以上の休憩を取らさねば成らないと定められています。つまり1日働いたら、1日休みというタクシー運転手に関する都市伝説は、ある意味正解かもしれませんね。隔日勤務スタイルの場合、月12~13勤務(通算最大26日)となり、給料は平均的に手取りベースで30万円半ばの人が多いですが、中には50万円以上を毎月コンスタントに貰うタクシー運転手も居ます。

<隔日勤務のメリット>

  • ほぼ一昼夜稼げるので、努力次第で給料は天井知らず。
  • 一勤務毎に一明休み。家族サービスに、趣味に。翌日残らない飲み方なら、朝から飲んでもOK。
  • 色々な地区の道路を通過するので、ほぼ1年経てば地域の道に精通出来る。
  • 年末年始に、変わったオーダーが受けられる(初詣・初売りはしご&初日の出往復などなど)

<隔日勤務のデメリット>

  • シフトに慣れるまでが一番大変。慣れられずに退職するケースも少なくない。
  • 明休みは寝てしまって、やりたい事が出来ない場合もある。
  • トラブル・事故に一番合い易いシフト。
  • 体調を崩す&病気になる確率が高くなる。健康管理は要注意。

タクシーの転職は転職道.com

2.休みが多いって聞くけどホント?

私の会社の出番表(1年間に組まれた勤務シフト)を改めて見てみました。会社規程の全休日(一部日曜&年末年始などの公休)は、年間82日です。

「ええっ~、たった82日しか休日がない!」と言ったあなた、もう少し話を聞いて下さい。

私が年間従事する勤務日数は143日です。「あれぇ~、1年365日なのに計算合わない??」と思った方……そこがミソです。先程も言いましたね……私のギョーカイは「1日働けば、1日休日になる」と。

では、どう言う事なのか?1年365日―(勤務日143日+全休日82日)=140日つまりこれが「明休み」です。「嘘だろ~っ」と思われるでしょうが、タクシーギョーカイでは当然の事。厳密に言えば、勤務は2日掛かりですが、翌日明休みには変わりなし。正直、時間的にはめっちゃ楽です。

3.勤務中の人間関係は大丈夫?

よく「タクシー運転手の人間関係はギスギスしている」という噂を良く聞きます。確かに、サラリーマンの様な横並びの給与体系(最近は違ってるかも知れないが)ではないので、営業の出来不出来を巡って、いがみ合っている様な社内の話を聞かされます。

タクシー運転手になる人の人生模様は様々です。私の様に、いわゆるビジネス社会で失格の烙印を押されてやって来るものもあれば、経営していた会社が倒産してやってくる元中小企業の経営者(社長―さん)がタクシードライバーになることも。あるいは、タクシー運転手をやりながら、明けの日にメジャーデビューを目指して音楽活動をやっているセミプロのバンドマンというタクシー運転手も居ます。

だからこそ、決っして「陰鬱な人間関係が交錯するタクシー会社の社内」とは言い難いのが実情です。余り周りを気にせず、気の合うドライバー仲間と絡むだけで構わないと思います。それでタクシー会社からどーこー言われる訳ではありません。

4.タクシー運転手=ブラックってイメージは?

前述の通り、タクシー運転手の勤務形態は法律や諸法令によって厳密に管理されています。(出典:厚生労働省労働基準局 タクシー運転手の労働時間の改善基準のポイント

以前ある都内のタクシー会社が、帰庫したばかりの営業不振なタクシー運転手に、もう一回乗って仕事やってこい!と追い出されたって話を聞いた事がありますが、日産自動車じゃありませんが、労働局や陸運局にコンプライアンス通報でもされりゃ、一斉に査察に踏みこまれます。

いわゆる電通事件で、あの天下の電通に労働基準局の役人が土足で上がり込んで行くのを、びっくりしながらテレビで見られた方も多いでしょうが、タクシー会社の査察はそんなものではありません。

  1. 労働基準監督署
  2. 陸運局支局(東京は東京陸運支局)
  3. 場合によっては、検察官(本当に来るよ)

これらのお役所が2つ3つがやってきて、運行管理者がしょっ引かれるのです。

そりゃ天地がひっくり返る様な騒ぎになりますし、社長以下管理職は監督署や検察官から昼夜問わず詰問される。挙句の果ては、車両停止処分(タクシーを外へ出すことを禁じられる……ナンバーを取上げ)になるわ、最悪、タクシー会社自体が取り潰しになります。

ウソの様な話ですが、私が勤務しているタクシー会社から歩いて5分の所にある東京四社系のあるタクシー会社が、組織ぐるみで休憩してないタクシードライバーの勤務簿を改ざんしたとして、本当に潰されました。

「へぇ~そんな殺生なぁ」と思うなかれ、タクシー許認可事業ですから、認可を受けるだけで良いと勘違いしてはいけない。

国(国交省)から許可を受けた事業であることを、管理者だけでなくタクシー運転手も認識しなければいけない。いい加減にやっている奴が一人でもいたら、それがきっかけで会社が吹っ飛ぶなんて何時でもあると頭に入れておかねばならない。私達は常日頃「人の命を預かっている」仕事をやっている。だからこそ、タクシー運転手に「ブラックな働き方」をさせてはいけないのです。

5.普段タクシー運転手はどんな生活をしているの?

さて皆さんは、タクシー運転手が普段どんな生活をしているか興味がありませんか。普段サラリーマン生活をしている人にとっての一日は、以下のような感じです。

  • 6時:起きて朝食
  • 7時:出勤のため電車で移動
  • 8時から8時半:会社に着いて業務開始
  • 12時前後:昼飯
  • 15時前後:上司に怒鳴られてへこんでいる(笑)
  • 17時前後:仕事終わり!レッツGO「ザギン!」or「ギロッポン!」
  • 20時前後:ベロベロにイイ気分になってタクシー運転手の餌食に(笑)
  • 21時前後:「おーい、今帰ったぞ~」と言ったきり記憶が途切れるZzz……

ッてな所でしょうか(汗)。まぁ私のサラリーマン時代を彷彿とさせる様ですが(爆)。

では、遅番シフトのタクシー運転手である私の暮らしぶりは、どうでしょうか…見てみます?

  • 6時:家族と一緒に起きる&朝食
  • 7時:家族を送り出した後、朝食片付け・ゴミ出し・掃除
  • 8時:ライティングの仕事開始(笑)
  • 10時前後:ライティングの仕事終わり→出勤準備(勤務表打ち出し等)
  • 12時前後:出勤のため電車で移動(だいたい空いてる)
  • 13時前後:会社に着いて、点呼前準備(出庫前車両点検・アルコールチェックなど)
  • 14時20分:遅番点呼・諸注意・乗務証受け渡し
  • 14時30分:出庫(稼ぎに行ってきまぁ~す)
  • 17時前後:第1回目休憩(30分位。大体この辺りで1万位握っている)
  • 21時前後:第2回目休憩(晩飯を兼ねて40分位……この辺りで3万位収入はある)
  • 22時:割増営業時間帯(いわゆる2割増時間~翌朝5時・さぁ出て来い、魑魅魍魎!)
  • 翌3時半位:第3回目休憩(仮眠のため1時間半。都内指定休憩場所か乗り場で……ここで6万)
  • 翌5時前後:戦闘再開(目指せ!成田空港行き……と言いながら大手町便でコケている)
  • 翌9時前後:帰庫(次の相番のため燃料補給・車清掃・帰庫後車両点検)
  • 翌9時半位:帰庫後アルコールチェック&乗務証返却・報告・納金作業(今日は10万やったぜ)
  • 翌10時位:無罪放免、お疲れ様!→電車で帰宅→大概帰りに買い物をして家呑み→寝る
    まぁこんな感じですね。

早番になると、帰庫は深夜2~4時位になり、自家用車や自転車で通っている人はそのままお帰りなのですが、電車・バスで通っている人は、始発まで談話室でメシを食っているか仮眠室で寝ています。

ウチのタクシー会社には社内に24時間風呂があるので、早番勤務の時は必ず帰れば風呂に入って仮眠室で寝て、朝6時前後に電車に乗って帰る生活をしていましたね。今は、風呂に入るよりも早く家へ帰りたい(つまり呑んで寝たい)ので、風呂は自宅で入る様にしています。

明休みは本当時自由です。自宅で両親の介護をしたり、奥さんに代わって子供を幼稚園に迎えに行く人も。クラブ活動で、明けの眠い目を擦りながら将棋盤と格闘する人。自宅のPCを使って趣味でライティングする人や私の様に稼いでいる人。いや、タクシー運転手の生活は本当に面白いです。

タクシーの転職は転職道.com

6.まとめ

1.タクシー運転手の勤務形態には「日勤」「夜勤」「隔日勤務」の3つのスタイルがある。「日勤」「夜勤」は、各々相番になる人が居ればやらせてもらえるが、一般的には「隔日勤務」が主流である。

2.タクシー運転手は、既定の休日以外に「明休み」と言うものがあるため、1年間の休日数は200日を超える。公序良俗に反しない限り何をやっても自由なので、昼間から飲み会をやっている同僚や、ツーリングのクラブを作って走りに行く人もいる。

3.タクシー運転手になる人の前歴は様々。それだけに人生模様が交錯するので、決して人間関係が良いとは言えない。しかし最近は、自分の子供位な若手が入る事が多いので、徐々にだが人間関係が良くなる傾向にはある。

4.タクシー運転手=ブラック勤務は、長時間労働のイメージの由るもの。ドライバーは、
諸法律・諸法令により厳密に管理された下で働いており、それ以外の働き方は出来ない。経営
側も、タクシー運転手にムチャ振りをさせれば、会社が潰れる事を認識せねばならない。

5.タクシー運転手の生活は家族との接点も多く、趣味や実益を求める活動も自由。ただし、翌日のアルコールチェックに引っ掛らない様、呑み過ぎには注意。

読んでいただきありがとうございます。タクシー運転手の仕事に興味を持っていただけたでしょうか?タクシー運転手の求人を探す場合、普通の転職サイトではあまり求人がないかもしれません。タクシー専用の転職サイトがありますのでそうしたサイトで求人探してみてくださいね。転職道.comなどは有名です。

タクシーの転職は転職道.com

\未経験からタクシー運転手への転職を成功させるなら、P-CHAN TAXI に無料相談/

P-CHAN_banner

<広告・PR>
堀瑞 勤
今年6年目の乗務員生活を謳歌している現役タクシードライバー。1967(昭和42)年生まれ。2013(平成25)年日本交通系タクシー会社のドライバーとなる。黒タク資格&スリースター(最上級乗務員)資格所有。