タクシーは24時間営業!?

これからタクシー会社に転職しようという方はよく読んで

こんにちは。朝6時に営業所へ出勤し、出庫するタクシー運転手さんを見送り、夜10時近くまでデスクワークに追われ、仮眠をとり、翌朝2時に起きて帰庫した運転手さんを迎える、運行管理者だった野の字です。

タクシー運転手さんの募集説明会などに行くと、隔日勤務、という一般企業ではなかなか耳にしない四字熟語が発言されます。説明資料を読むと、所定労働時間15時間半、などと書かれていて、驚きおののく人は少なくありません。しかも、その時間とは別に休憩を3時間までとる等と付記してあったり、親切な会社では、遅くとも出庫後20時間以内に会社へ戻ってくるように、と注意書きがあったりして、資料を読み進めるほどに、驚きはどんどん大きくなります。

そして驚いた後には、「1日は24時間だよ?通勤考えたら家にいる時間が2時間ちょいって、どう考えたって常軌を逸してるでしょ!?」と憤る気持ちが芽生えますが、これは誤解です。

この記事では、タクシーならではの勤務形態、謎と不信感が深まるばかりの「隔日勤務」について、詳しく説明していきます。

タクシー運転手の働き方・隔日勤務とは

隔日勤務は、1回の勤務を、48時間として考えます。つまり、2日間で1回の勤務とするのです。普通は1日24時間、所定労働時間が8時間の企業が多いですが、これが、1回48時間、所定労働時間15.5時間、となります。8×2は16ですが、負担を考えてやや少なくしているタクシー会社が一般的です。つまり、決して極悪な長時間労働ではありません。むしろ、やや少ないくらいなのです。

一般的な企業の正社員は、土日休みだとすると31日月で23日間出勤することとなりますが、隔日勤務のタクシー運転手さんの場合は、出社するのは月12回程度となっています。実際には半勤日等を設けている企業もありますので一概にはいえませんが、1回で2日間にわたるとすると、単純計算で12×2の24日間仕事することになるわけです。こちらは一般企業よりやや多めとなります。

総合すると、所定労働時間は少なめで出勤日数は多め、ということになり、結果的には一般企業と同じようなものになるのです。

タクシーが抱える、交通手段としての弱点

タクシーは電車やバス等と違い、貸切等の特別な契約がない限り、運行経路や降車場所などは決められていません。お客さんの我侭な希望に沿い、あらゆる降車地へ輸送する自由度の高い交通手段となっています。それゆえに、料金はバスや電車等と比べて著しく高額です。

そのためタクシーは、バスや電車が頻繁に運行しているような地域では、お客さんの獲得が後手に回ってしまいます。一般的な金銭感覚のお客さんは、日常の交通手段での贅沢は慎みますから、多少不便でもバスや電車を利用してしまうのです。

隔日勤務の定着で弱点を克服

タクシー業界が電車やバス等に負けないためには、この両者が運行を見合わせている時間帯まで、運行を継続する必要がありました。つまりは深夜や早朝が、タクシーの最も活躍できる時間帯となっていたのです。

そして、タクシーの給与体系の多くは出来高制に近く、運転手さん本人の売上如何によりますから、運転手さん個人としても、深夜と早朝の両方で運行できる方が、高収入を見込めます。

そこで確立されたのが隔日勤務なわけです。隔日勤務の運転手さんは、出庫してから少なくとも18時間くらいは、街中で過ごすこととなります。

朝6時30分頃、まだバスが十分な本数の運行を開始していない時間帯に出庫すれば、その18時間後は翌朝0時30分、地域によっては終電を逃したお客さんが流浪している時間帯です。少し残業することになりますが、そのお客さんを乗せて最後に売上を作る、といった乗務スタイルをとれば、深夜と早朝の両方を運行できるのです。

もちろん、隔日勤務は厚生労働省にも認められており、その存在自体には違法性はありません。

ちなみに、普通の日勤もある

「あれ?だったら、深夜と早朝だけタクシー走らせてればいいんじゃないの?」と思う向きもあるかもしれません。

もちろん、そういった勤務体系もあります。夜日勤、等と呼称されていますが、ようは一般企業と同様に、所定労働時間が7時間程度で、休憩が1時間、月に23回くらい出勤、というものです。だいたい夜10時くらいに出庫し、翌朝の7時くらい帰庫します。これを毎日繰り返します。

しかし夜日勤については、タクシーでの営業に慣れてきたら挑戦してみるのもいいでしょうが、他業種から転職してきた場合のデビュー戦は、やはり隔日勤務を強く推奨します。

また昼間タクシー車両が営業していないのはもったいないので、昼の日勤をする乗務員がいないと日夜勤は成立しません。女性ドライバーなどで昼だけの乗務希望する方はおりますが、昼間は稼ぎにくくあまり人気がありません。

隔日勤務のススメ1~夜は寝る時間~

まず、夜日勤は完全無欠の昼夜逆転生活です。

人類は夜行性ではありませんから、よほど適応能力が高くないと、慣れても体を壊します。自分が夜型人間に向いているかどうかは、実際に挑んでみないとわからないものです。不眠症程度ならばタクシー運転手を辞めれば治るでしょうが、重篤な欝などになってしまうと、もう元には戻れないかもしれません。

隔日勤務であれば、月曜の朝出勤して、火曜の夜明け前に帰宅し、次の出勤は水曜の朝、といった具合ですから、少なくとも火曜の夜から水曜の早朝まで爆睡できます。冬場であれば、火曜の朝日を見ることなく、暗いままの寝室で昼過ぎまで眠ることも出来ますから、体の負担は段違いに軽いです。

将来的に夜日勤を目指すとしても、まずは隔日勤務から入って、早朝と深夜の労働を少しずつ経験してみるべきでしょう。

隔日勤務のススメ2~休憩時間の幅が大きい~

夜日勤における休憩時間は、一般企業の日勤と同様に、1時間とされているのが普通です。労働基準法の第34条には、「使用者は、労働時間が六時間を超える場合においては少くとも四十五分、八時間を超える場合においては少くとも一時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない」と記されています。

この条文に従えば、隔日勤務についても、休憩は1時間だけ与えれば良いということになりますが、さすがに業界ではそのように考えてはいません。

二日分働くことになる隔日勤務では、過労運転防止のためにも、休憩時間は3時間程度が望ましい、とされています。夜日勤では一日分働いて1時間の休憩ですから、その1.5倍も休めることになるわけです。

隔日勤務は車内で拘束される時間が長い分、途中のお休みもゆったり取れるように配慮されています。緊張しがちな新人の運転手さんには隔日勤務が向いている理由は、こういったところにもあるのです。

辛そうで楽、縛られそうで自由な隔日勤務

休憩や勤務ルールは会社ごとに異なるので面接で要確認

早朝や深夜に走り回らなければならないことが多いタクシー運転の仕事ですが、隔日勤務であれば、夜間の睡眠も確保できますし、途中の休憩時間も一般企業よりも長く、実はかなり良心的です。「最低15時間も働くの!?」と目を逸らさずに、じっくり労働条件を確かめてみてください。

「そんなこと言って、現実にはちっとも休ませてくれなかったりするんでしょ?ブラックな業界なんでしょ?」と決め付けるのは性急です。これは正直、企業によります。

手前味噌で恐縮ですが、私が勤務していた会社では、タクシーを停車して休憩している時間が3時間の半分、1.5時間を切ってしまうと、運行管理者に「もっと休め」と叱られます。「あんまり休めなくてごめんなさい、もっと休むようにします」という始末書まで書かされたりするのです。

浅はかな経営者は、「停まっているタクシーはお金を生まないので、ずっと走らせて儲けたい」とばかり考えますが、疲労困憊して大事故を起こされては、無線やチケットの取引先を多数失う契機となってしまいます。タクシー運転手さんには適宜休んでもらって、質の高い運転と接客を維持してもらった方が、経営もうまくいくのです。

優良なタクシー会社であれば、休憩も公休も、もちろん有休も適切に取得できますので、是非説明会に足を運んだり、そのタクシー会社のタクシーにお客さんとして乗ってみたりして、会社を吟味してみてください。



<広告・PR>
野の字
20代でタクシー業界に飛び込み、運行管理者として業界準大手の会社に就職。タクシー運行管理の他、交通事故処理や苦情対応、本社に異動してからは新人研修等も任されるようになり、タクシー関連業務の多方面で活躍。顔も名も明かせない恥ずかしがり屋