頑張っただけ収入に直結するのが歩合で働くタクシードライバーのいいところ

タクシードライバーの給料計算方法は会社・地域によってやや違う

基本的にタクシードライバーの給料は歩合給となっています。私が知る限り、タクシー業界の給料はほとんどが歩合給。ではなぜ、歩合になっているのでしょうか?

タクシードライバーは人の命を預かる職業。給料が歩合であるが故にタクシードライバーの「稼ぎたい」という気持ちが高まれば、焦る気持ちから事故につながる怖れもあるでしょう。そのため、昔は給料が固定給のタクシー会社もそれなりに多くあったようですが、仕事せずにさぼる人が多かったので歩合になったようです。

歩合とは?

ひとえに歩合と言っても、会社側は色々な計算式を使用して給料計算しています。しかし、実際自分の懐に入る給与としてはざっくり売上の税抜き金額の半分が自分の手元にやってきます

ちなみに今申し上げた給与計算の内容は関東圏のお話ですので、他の地域では少し計算方法や計算の考え方が違っているようなので、入社した会社での給与計算の方法を確認してください。

タクシー会社の給与形態:給料計算方法は大きく分けて3タイプ

A型…「固定給」+「歩合給」+「賞与」

タクシードライバーの給与体系は「A型」「B型」「AB型」に分類され、それぞれ会社によって採用している方法が違います。それでは個々に説明しましょう。

A型の体系には固定給があります。固定された収入に歩合給がプラスされるわけですが、歩合給が発生するのはその会社が定めた基準を超えた時のみ。基準の売り上げを超えなかったタクシードライバーの月収は固定です。

現在、この給与形態を採用している会社は現在少ないのですが、地方のタクシー会社などではまだA型の給料体系のところもあります。その理由は、地方のタクシー会社では都区内などと違い駅付けが基本となり、顧客のニーズも少ないので歩合制にしてしまうと生活が成り立たなくなる危険性もあるからです。

A型の場合、各ドライバーとの間での平均年収の差はほとんどありません。バイトの時給が変わらないのと同じ理屈で、ドライバーが余程頑張らないかぎり、月給を上げるのは困難だからです。平均的に高い年収を得たいドライバーには好まれない給与体系であり、企業側としてもサボられたくはないため、現在都区内では見かけなくなった給与形態です。しかし、働き方改革や有休の強制取得などの事を考えると、今後はこのA型の給与形態が復活することも考えられます。その場合「稼げるから」という理由でタクシードライバーになろうとする人は減るかもしれません。

B型… 完全歩合制

東京無線

B型は完全に歩合制。売り上げが高ければ高い月給になりますが、売り上げがなければ、長時間拘束の上、長く運転してもその日の収入が無料になることも。月収も年収も安定はしない給与体系で「平均」とは無縁の世界です。

“タクシードライバーは完全歩合”というイメージを持っている人も多いかもしれませんし高い年収に憧れてタクシードライバーになる人も少なくありませんが、異業種から初めてタクシー運転手に転職するならこういう給与形態の会社はやめた方がいいでしょう。要はガチンコ勝負で失敗すれば地獄。時間給で換算したら恐ろしく安い給料だった……なんてオチもありえます。

給与の計算は月間売上×歩合率によって給与が決まります。B型の場合「平均で1日どのくらい儲かるのか?」という問いには答えられません。完全に本人の頑張り次第で稼げるかどうかが決まるからです。頑張りがそのまま高給につながることから、高年収を求めて大手のタクシー会社からB型給与形態の会社に転職するタクシー運転手もいます。

しかし、近年残業や働き方改革などで少し計算の中身も複雑になってきていますし、今後は何らかの規制がかかることも予測できます。運転しまくれば稼げる……高年収を目指せるのもあとわずかかもしれません。

B型を希望するドライバーの多くが収入にこだわるのでしょう。歩合率は定率の会社もあれば段階性の会社もあるので、「B型」給与になっている企業の歩合率は入社される会社に確認してください。率によって稼げる度合いは当然変わります。

AB型…A型とB型の中間の給与形態

AB型はA型とB型の中間の給与形態であり、都区内のメジャーなタクシー会社はほとんどこの仕組みを採用しています。

AB型賃金は、固定給と歩合給の合算によって支払われる給与で、一定割合を年2~3回に分けて賞与のような形式で支払うという給与形態です。

例えば、歩率が63%の会社で、月60万円営業売上、毎月の積み立てが営業売上の13%の場合を例にすると毎月の給与

60万円×(63%-13%)=30万円になります。

毎月賞与への積み立てについて

AB型の積み立て金額は、先ほどの例の場合だと60万円×13%=7.8万円ですね。

ここで計算した毎月の歩合率の63%や積立の13%は会社によって違うので、会社説明会・面接などに応募した時に確認してください。歩合率は積み立て率によって、同じ仕事量でも年収は大きく変わりますが、B型よりは平均年収は安定するでしょう。稼げることを目的にタクシー業界に転職するのなら、B型より収入が安定するAB型がおすすめ。

各社の給与形態ルールや給料の歩合率について

近年はほとんどのタクシー会社がAB型を採用しています。歩合率については各社それぞれ条件が異なるため、求人情報を見た段階できちんとチェックしておきましょう。

参考までに、ある大手のタクシー会社では売上が一定基準以上に達成した時の歩合率が60%、それ以下は55%となっています。その為、乗務員はその売り上げに到達するように必死に営業します。また、乗務員間の給料格差・年収格差も大きいです。

一方ある企業ではどんな売上であっても一律55%にしているところもあります。

深夜付加給与を設けているところもあったり、給料計算はさまざま。

また、経費として引かれるものも会社によって異なります。例えば、だいたいタクシーの制服は無償で貸し出されるのですが、某大手タクシー会社は制服代が有料ですし、一部のブラック企業では燃料代がドライバーの持ち出しなんてことも。これじゃあ何km客を乗せたところで乗車料金の一部が燃料代に消えるため稼ぎは微々たるものです。

完全歩合制のB型で給与計算されたときに、売り上げがよかった時と悪かった時にさが激しく生活にダイレクトに影響が及ぶことになります。その点を考えると、AB型の給与形態の場合、生活は安定します。

当てにできるほどもらえるわけではないのですが、タクシー運転手は意外とチップももらえます。「おつりは取っておいて」というお客様が多いエリアもありますし、外国人旅行者は自国の風習の通りに出す方も多いです。

営業成績の足切りライン

日勤から夜勤まで1日を労働しても当日の売り上げが一定の金額に達成しない場合、給与カウントはされても賞与への積み立てがなくなったり、給与の歩率が変わるなどの基準値になるものを足切りと言います。

足切りは各社で基準が様々あり、呼び方も違います。「足切り」ではなく「控除起算基準売り上げ」と呼ぶ会社もあります。

ただ、足切りに満たない売り上げでもその日の売り上げが全くないわけではありません。

また、あまり「足きり」を怖がらないほうがいいでしょう。各社そんなに高いハードルを各ドライバーに課しているわけではありませんし、慣れないうちから先輩運転手達と同じルールではないので。

まじめにコツコツと仕事をしていれば、クリアできるぐらいの基準です。あまり心配はいりません。それよりも、幹線道路や目的地の最短ルートや裏道など様々な運転の仕方を学んでいくうちに足切りも関係なく営業成績も伸びていきます。

入社前に歩合の割合は要確認!

都内のタクシードライバーは、基本的にAB型で給料が計算される

基本的に、都区内のタクシー会社ではAB型給与プラス足切りで対応しています。

ただし、企業によって基本ベースはAB型形態で、能率給や深夜残業などの付加給を加えている企業もあります。各企業の対応は入社する際によく確認してください。

また、今後、給与形態も変革が行われる可能性があります。常に最新情報を収集するようにしてください。



<広告・PR>