タクシー運転手という職業は誰しも男性の職業というイメージを浮かべるのではないでしょうか。
しかし近年は、女性のタクシー運転手も増えている傾向にあるのです。
タクシー運転手は、決して男性しかなれない職業ではありません。
そこで今回は、タクシー運転手へ転職したいと考えている女性に向けて、女性タクシー運転手の実情をお伝えしたいと思います。

女性がタクシー運転手になる際の心配事

女性がタクシー運転手になるというのは、周囲から反対されることも多いはずです。
では、女性がタクシー運転手になるときにはどのような心配事があるのでしょうか?

  • 運転テクニックについて
  • 社内の接客や会話について
  • 女性の運転手を嫌がる人がいる?


(1)運転テクニックについて

タクシー運転手になる前から運転に自信がある人は、少数です。
男性でも女性でも、もともと運転が得意だった、運転手をした経験があるからといってタクシードライバーへの転職を選んでいる訳ではありません。
そこは男女関係なく、働き始めれば必ず運転テクニックは上達するものだと断言できるでしょう。
女性だからといって運転の上手い下手を気にする必要はないのです。
実際に、タクシー運転手未経験で運転も得意ではなかったがタクシー運転手に転職した女性ドライバーの経験話もお聞きしました。
その女性は福岡市内を担当していたのですが、実際に働いてみると天神や博多は人通りが激しく、運転テクニックが浅かったため毎日ドキドキしながら運転していたようです。
しかし、実際に運転技術は2ヶ月くらいで上達したそうです。
経験を重ねれば必ず上達するので、運転技術を心配しなくてもタクシー運転手にはなれるということです。

(2)車内の接客や会話について

お客さんとお話するのが好きだったり、接客業を経験したことがある人は問題ないと思いますが、人によっては車の中で1対1の状態で話す事が苦手という人もいるでしょう。
しかしそんなお悩みも不要で、タクシー会社では接客についての研修があります
運転をしながら弱点の指摘を先輩ドライバーからしてもらうことが可能なのです。
その際に話し方やお客さんから話しかけられた時の対応等をしっかり教え込まれるので、話すことが苦手だと感じている方も、始めやすい職業と言えるでしょう。

個人タクシー運転手からスタートしたいと考えている人は、研修がないので、自力でコミュニケーション能力を高める必要があります。

(3)女性の運転手を嫌がる人がいる?

タクシー運転手は、男性が多いので女性の運転手は嫌がれる?と勘違いする人が多いです。
ですが、お客さんの実際の声は大きく異なるものが出ています。
女性タクシー運転手の場合は、

  • 子供の送り迎えを頼む時に安心出来る
  • 夜の時間帯だと異性と2人きりは怖いから同姓がいい
  • 産婦人科や女性の体の病院に行くときに便利

など同性からの指示が非常に強いという事実があるのです。
実際にお客さんは女性だと安心するという声が多いので、女性というだけで大きなアドバンテージになる事がわかります。
男性のお客さんの場合でも、女性のタクシー運転手の方が華があるという意見もあります。

タクシー運転手をしていて危険だった事

女性タクシー運転手にとって厄介なのは、酔っ払いのお客様です。
タクシー運転手をやっていると聞くと、お客さんからのセクハラは大丈夫?という声が多いですが、昼間働くのであればセクハラをしてくるお客さんは1人もいません
しかし、夜の時間帯はやはり必要以上に絡んできたり、スキンシップを求めてくる男性の乗客者もいるようです。
女性運転手は、その時の対処法は上手く身に着けておく必要がありそうです。
しつこく絡まれても上手くかわすことが大切でしょう。

また、運転することが仕事なこともあって、交通事故を起こす可能性は一般の人より高いです。
いくら運転に自信があるドライバーでも長時間運転を続けていると、疲労により判断を誤ってしまことも少なくありません。
適度な休憩を取り、交通事故には十分気を付けましょう

タクシー運転手は家庭・私生活との両立できるの?

又、女性であれば、結婚をし、子供が出来た時に時間の優遇が聞く仕事が良いですよね。
タクシー運転手は休みが基本的に簡単に取れる事もあり、子供の運動会や発表会の行事に参加する事は難しくありません
会社にもよりますが、なかには法人会社のタクシー運転手であれば1日前の申し出でも休みが取れることもあるようです。

組織で何かプロジェクトを動かしている仕事ではなく、運転手が一人欠員しても仕事がとまるわけではないので、タクシー運転手は休みが比較的取りやすいと言われています。

タクシー運転手の仕事の3つのやりがいとは

日本交通キッズタクシー
日本交通キッズタクシー
  1. 色々の人との出会いがある
  2. 土地について詳しくなれる
  3. ライフスタイルに合わせた働き方ができる


色々な人との出会いがある

やはり、これがタクシードライバーという職業で一番の魅力なのではないでしょうか。
仕事のやりがいとして、タクシー運転手になれば、様々な人と出会い、自分の知らない世界を知る事が出来ます
主婦やおじいちゃん、おばあちゃん、サラリーマン、外国人など本当に色々な人が利用していただけるので色々な感性が養われます。

タクシー運転手は、目的地に送り届けるのが仕事と思われる事が多いですが、実際目的地に送り届けるまでにお客さんに不快感や安心感を届けるのが真の仕事とも考える人は多いです。
その中でコミュニケーションも重要な仕事な一部でしょう。
お客さんとの最初の顔合わせである挨拶の部分を笑顔ですればお客さんからの印象は非常に良くなります。
ただお客様を目的地まで送るのではなく、お客様にとって快適な空間・時間を創り出すことでお客様から感謝の言葉をもらうことも多いでしょう。
そういった声がタクシー運転手にとってやりがいとなってくるのです。

土地について詳しくなれる

当然、お客様によって向かいたい目的地は様々です。
タクシー運転手になると、お客様を乗せる度に違う目的地へ向かうため、今まで通ったことのない道を通ることは日常茶飯事です。
仕事を続ける歴が長くなれば長くなるほど、土地や地理について詳しくなることができるでしょう。
誰よりもその土地について詳しくされるのがタクシードライバーという職業なのです。

ライフスタイルに合わせた働き方ができる

タクシー運転手は、ほとんどの会社で「昼日勤」「夜日勤」「隔日勤務」といった働き方が選べます。
組み合わせによっては、月に2回の3連休をつくることも可能ですので、
他の職業より自由に休みがとりやすい仕事と言えるでしょう。

平日に休みが欲しい、夜から働きたい、連休をつくりたい と考えている方にとってはおすすめの職業です。

子どもを預かってくれる施設はある?

なかには既に子供がいる人もいると思います。
タクシー運転手として働く場合、保育所や子供を預かってくれる施設はあるのでしょうか?

現状、社内で保育所を持っている会社は少ないです。
子供を会社で預かっていると経費がかかるので、タクシー会社の企業は懸念しているともいえます。
都会の大手タクシー運転会社なら保育所や子供を預かってくれる施設を作っている場所もあるので就職する際は調べて見る事をお勧めします。

タクシー強盗などの事件が多いから心配かも

テレビやインターネットなどで、タクシー強盗の事件が報じられる事が多いので不安になる人も多いと思いますが、最近のタクシーにはドライブレコーダーが搭載されているので業務中の映像を全て撮影しています

最新のドライブレコーダーは、前方の車外、後方の車外だけでなく、車の中の撮影もしてくれているので安心です。
お客さんもカメラで常に撮影されている状態なので変な事をする人はいないでしょう。

タクシーには警察に直通する防犯設備や外部に異常を知らせる警告灯が設置されている車もあるので、犯罪から守る配慮は抜群とも言えます。
絶対に安全と言えるわけではないのですが、犯罪に遭遇しやすい確率が抜群に高い仕事でもないと思います。

まとめ 【スキル後からついてくる!】

女性タクシー運転手になろうと思うと周囲から本当に大丈夫?危険じゃないの?と言われると思います。
しかし実際に女性タクシー運転手として働いている方の声を聴いてみると、女性だからと言って危険があるとは言えません。
そして、タクシー運転手として働き始めるとスキルは後からついてきます。
自分に本当に出来るのかな?と考えている人は一度挑戦してみてはいかがでしょうか。
タクシー運転手は、男性社会という印象が強くありますが、実際は女性の割合も多くなっているので同姓で相談も出来る様になっています。
また、どこの会社を選べばよいかが分からない、とお悩みの方は一度P-CHAN TAXIに相談してみてください。

タクシーの転職は転職道.com



<広告・PR>